トップ > 未成年の方に必要な手続き

お部屋探しマニュアル

  • お部屋に住むまでの流れ
  • お部屋選びチェックシート
  • 未成年の方に必要な手続き
  • 一人暮らしはいくらかかる?

最近チェックした物件

まだありません。

未成年の方に必要な手続き

未成年の方に必要な手続き未成年者(20歳未満)が契約する場合は法定代理人の同意が必要です。
未成年者でも、就職している場合、ご本人の契約が多いですが、大学・専門学校など学生の場合は、親権者(両親など)を契約者として契約することが多いです。  
お部屋探しの際は、未成年者のみで探すこともできますが、
できる限り保護者の方同伴で、ご来店されますと契約がスムーズに運びます。 

未成年者名義でお部屋を借りる

契約者が未成年の場合

契約者が未成年本人の場合、保証人は親権者になります。
ただし、家賃引落の手続きが親権者の名義になる場合があります。
申込時、「未成年者同意書」に親権者のサインがないと審査に進めません。


必要な書類 ■本人
顔写真付身分証明書、合格通知または学生証、住民票
■保証人 印鑑証明書

保護者・親権者名義でお部屋を借りる

契約者が親の場合

契約者が親(親権者)の場合、入居者が本人で保証人は通常、両親の兄弟になります。
最近は、親権者が契約者で保証人は「保証会社」になるケースもあります。 
保証会社とは、家主側が、家賃滞納リスクを回避するため、入居者に加入してもらう制度です。
契約時に保証料がかかってきます。(家賃の30%~50%が一般的)

必要な書類 ■本人
顔写真付身分証明書、合格通知または学生証、住民票
■契約者
顔写真付身分証明書、住民票 
■保証人 印鑑証明書

未成年者の電気、水道、ガスの契約・支払いは?

未成年者の電気・水道・ガスの契約については、未成年者だからといって特別なことはありません。 
申込方法や、支払い方法を理解して、スムーズに生活をスタートしましょう! 

電気

契約をおこなう場合は、指定電力会社へ電話連絡での申込になります。
支払いについては、電力会社から、毎月請求があります。主な支払い方法は、「振込」または「口座振替」です。

ガス

契約をおこなう場合は、指定ガス会社へ電話連絡での申込になります。
ガスの使用を開始する場合は、必ず立会をしないといけませんので、
早めに指定ガス会社へ連絡して、日程を決めたほうがよいでしょう。
*ガスは立会時に保証金の預かりがありますので、その際も指定ガス会社へ連絡で確認しておく必要があります。
(プロパンの場合、保証金が約1万円程度必要です。)   

支払いについては、ガス会社から、毎月請求があります。主な支払い方法は、「振込」または「口座振替」です。 

水道

契約をおこなう場合は、指定水道会社へ電話連絡での申込になります。
支払いについては、水道会社から、2ヵ月に一度請求請求があります。
主な支払い方法は、「振込」または「口座振替」です。
*中には水道が止めてある物件もありますので早めの連絡しましょう。



支払い忘れに要注意!口座振替がオススメです!

*電気・水道・ガスも、手軽なコンビニ払いができますが、
支払いを忘れてしまうと当然止められてしまいますので、口座引落をおすすめします。
ゆうちょ銀行だと振込や引落など手数料のメリットが大きいので、学生さんの利用率は多いようです。